副作用がつらくて抗がん剤治療はもうやめたい人へ 【ストーリーで読む】ステージ4がん患者でも選べる治療法 » 第一章 抗がん剤の副作用でつらかったこと » 口内炎

口内炎

抗がん剤による口内炎の症状

抗がん剤治療中にできる口内炎は、抗がん剤の種類にもよりますが、30~40%の患者さんがかかると言われます。比較的、発生頻度が高い副作用です。

口内炎ができると、「口の中が痛い」「口が動かしづらい」「しみる」といった悩みや、場合によっては出血も伴います。さらに、食べ物が飲み込みづらいといったこともあるので、食事量の低下、味覚の変化などにも関わってきます。

抗がん剤によって口内炎ができる原因としては2つあります。1つ目は、抗がん剤が口の粘膜に直接作用することで起こる場合、2つ目は、骨髄抑制により白血球が減少したことで細菌感染し口内炎が起こる場合です。抗がん剤投与後、数日~10日頃に発生しやすく、2~3週間経過すると、徐々に改善していきます。

抗がん剤による口内炎で処方される薬

口内炎の痛みが強い場合は、消毒・鎮痛作用があるうがい薬や、炎症を抑え鎮痛効果がある塗り薬などを処方されることがあります。口内炎ができた時は、常に口腔内を清潔に保ち、口腔内の乾燥にも気を付けましょう。市販の口腔内保湿ジェルや保湿剤を併用するのも有効です。

口内炎は、粘膜に局所的にできた潰瘍だけを指すのではなく、口腔内にみられるすべての炎症の総称です。からだの免疫力が減っている場合は、口の感染症が起こりやすく二次感染にもつながります。歯肉炎の悪化、カンジダ性口内炎やヘルペスウイルスなどの感染症も引き起こしやすくなるため、注意が必要です。

日常生活で工夫すること

口内炎の対処には予防が最も重要です。日常生活でできるポイントについて、ご説明していきます。

口腔内のケア

口腔内には雑菌が多いため、いつも清潔にしておくことが必要です。また、治療中は、虫歯や歯周炎などが急に悪化しやすいので、気になる症状は事前に治療しておきましょう。歯みがきはいつもより念入りに行います。

歯や歯茎は柔らかめの歯ブラシを使用し、デンタルフロスも有効です。口内炎がひどい場合は、歯磨き粉は一時的にやめて、濡れたガーゼで歯を拭いたり、うがいも有効です。

口内の乾燥を防ぐ

本来、唾液には自浄作用がありますが、抗がん剤の影響で口の中が乾燥しやすい場合は、唾液の分泌が減って細菌が増えてしまいます。乾燥している場合は、水で濡らしたガーゼで口を拭いたり、口腔保湿剤を使用してもよいでしょう。

スプレータイプの保湿剤は、口が大きく開けられない場合でも便利です。マスクも乾燥を防ぐ効果があります。

食事の工夫をする

口内炎の痛みが強いと食事を摂るのも大変です。調理方法を工夫して、柔らかく煮込む、細かく刻む、とろみをつける、ミキサーなどでペースト状にすると食べやすくなります。

口内炎への刺激が緩和されるため冷ましたり、消化が良いおかゆやうどん、卵豆腐や流動食もおすすめです。刺激物や熱い食事は、痛みが増すため控えましょう。

抗がん剤をやめるとどうなるのか確認

※このサイトの主人公について

このサイトの主人公は架空の人物です。サイト内のストーリーはさまざまな体験談などをまとめたフィクションになります。

※各クリニックの治療について

治療法を選ぶことは、患者さんとご家族の将来に関わる大切な選択となります。独断で決めてしまうことは避け、必ず専門知識をもつ医師に相談しましょう。

抗がん剤含め、治療法にはそれぞれ副作用やリスクを伴います。抗がん剤の副作用についてはこちら、他の治療法については、メリットデメリットを含めてこちらでご紹介しています。

イメージ

ヒロシ(57)

肺がんステージ4

現在57才。妻と子供2人の4人家族。
突然の肺がんステージ3宣告を受け、抗がん剤治療をメインに闘病したが、骨への転移が確認される。