副作用がつらくて抗がん剤治療はもうやめたい人へ 【ストーリーで読む】ステージ4がん患者でも選べる治療法 » 第一章 抗がん剤の副作用でつらかったこと » 脱毛

脱毛

抗がん剤による脱毛の症状

抗がん剤治療中、髪の毛が抜けるなど、脱毛に悩む患者さんは多くいます。

自分の目に見えて状況が分かるため、大変つらい副作用です。抗がん剤を使用してから2~3週間で脱毛の症状が現れ、髪の毛だけでなく、眉毛、まつ毛など、からだに生えている全体の毛が抜けてしまいます。

通常、抗がん剤治療は、1度ではなく何度か繰り返して治療するものなので、治療をしている限り脱毛は続きます。ただし、抗がん剤の種類によって、髪の毛が抜けない抗がん剤もあります。

よく抗がん剤の強さによって脱毛具合が比例すると考えられがちですが、がんに対する効果への強弱とは関係ありません。たくさん脱毛してしまう薬、脱毛の程度が少ない薬、脱毛を起さない薬など、さまざまです。もちろん、脱毛具合には個人差がありますし、抗がん剤をやめると、また髪の毛は生えてきます

日常生活で工夫すること

抗がん剤を使用している間、髪の毛が抜けてくることは誰でもショックです。だからといって、誰にも会わず家にも引きこもっていては、逆に気分が落ち込んでしまいます。

医師から脱毛の可能性を説明されたら、事前に段階を踏みながら対策をしていきましょう。そうすることで、自分の心の準備も整っていきます。もし、同じような副作用で悩んでいる方とお話しする機会があれば、会話を通じて自分なりの対処の仕方など、気づきが得られるかもしれません。

脱毛前の準備

かつらや帽子を事前に用意し、心の準備をしておきましょう。起床時、枕に抜けた髪の毛が付いていることもあるので、ナイトキャップもあると良いでしょう。髪の毛が長い人は、事前に短めに切っておくことが望ましいです。

長い髪の毛は、洗髪時に抜けて絡まってしまうことがあります。その点、短めの髪形は絡まりづらく、髪の毛の量が減ってきても変化が少なくなり、人へも印象も気付かれづらいです。ヘアカラーやパーマは刺激になるので控えましょう。

脱毛中

頭皮が敏感になっているので、できるだけ髪や地肌をいたわるようにします。

洗髪時は、低刺激のシャンプーを使用するかお湯のみで優しく洗います。ドライヤーを使用する際は、刺激を少なくするため、なるべく冷風を使いましょう。

さらに、以下の点を気を付けてケアすることで、症状を軽減できます。

ウィッグ(かつら)の使用

ウィッグ選びのポイントは、自分に合ったカラーや髪型、素材を選びましょう。

個人差や治療法によりますが、抗がん剤治療終了後は、3~6カ月ほどでほぼ回復します。ただし、以前と同じような毛質に戻るには1~2年ほどかかります。

その間は、ウィッグを使用するのがよいでしょう。医療用ウィッグは、レンタルと購入どちらもあります。

髪の毛以外の脱毛

眉毛が抜けてしまった場合は、眉墨を使用しましょう。まつ毛や鼻毛がなくなると、ごみが入りやすく、粘膜も乾燥やすくなります。外出時は、眼鏡やマスクの着用がおすすめです。

同時に発生しやすい副作用の対策も確認する

抗がん剤をやめるとどうなるのか確認

※このサイトの主人公について

このサイトの主人公は架空の人物です。サイト内のストーリーはさまざまな体験談などをまとめたフィクションになります。

※各クリニックの治療について

治療法を選ぶことは、患者さんとご家族の将来に関わる大切な選択となります。独断で決めてしまうことは避け、必ず専門知識をもつ医師に相談しましょう。

抗がん剤含め、治療法にはそれぞれ副作用やリスクを伴います。抗がん剤の副作用についてはこちら、他の治療法については、メリットデメリットを含めてこちらでご紹介しています。

イメージ

ヒロシ(57)

肺がんステージ4

現在57才。妻と子供2人の4人家族。
突然の肺がんステージ3宣告を受け、抗がん剤治療をメインに闘病したが、骨への転移が確認される。