副作用がつらくて抗がん剤治療はもうやめたい人へ 【ストーリーで読む】ステージ4がん患者でも選べる治療法 » 第四章 がんステージ4患者の抗がん剤以外の新たな治療方法 » ステージ4の手術療法

ステージ4の手術療法

ここでは、手術療法の特徴や種類、メリット・デメリットなどを解説しています。

ステージ4の末期がんの場合でも、手術療法は効果が望めるのでしょうか…?

手術療法の特徴

手術によるがん治療は、化学療法・放射線療法と並んでがん三大療法のひとつです。周囲の組織やリンパ節を含めてがんを切除するのが一般的で、リンパ腫や白血病など血液のがんを除き、がん治療の中心として第一に選択される治療法といえます。

しかし、すべてのがんに対して手術が行われるわけではありません。がんの種類やその進行度(ステージ)に応じて検討されます。

手術療法の種類

一般的な手術療法

がんの病巣のみを切除するのではなく、目に見えないがん細胞が転移しているかもしれない周囲の正常組織も含めて切除するのが一般的です。これにより、完治を目指します。

集学的治療

がん細胞が、手術可能な範囲を越えたリンパ節や肺、肝臓、脳、骨などに転移している場合には、手術療法は無力。このような進行がんに対しては、手術療法とともに抗がん剤治療や放射線療法を組み合わせて行うこともあります。

その他の手術療法

がんの切除を目的とするのではなく、症状を緩和するため(がんとうまく付き合っていくため)に手術療法を行うことも。がんのせいで食事の通過が障害されている、出血など切迫した症状を改善する必要がある、といったケースに当てはまります。

また、乳房切除後に審美性を保つ目的で行う手術療法や、失われた機能を回復させるための手術療法もあります。

手術療法のメリット・デメリット

メリット

デメリット

まとめ

手術療法は早期発見のがんを治せる可能性が高く、また進行がんに対しても、切除可能な状態であれば積極的に選択される治療法です。しかし、転移が広範囲にわたっている場合、手術ができない場所にがんが広がっている場合などは、手術療法が難しいと判断されることもあるでしょう。

抗がん剤以外の新たな治療法について、手術療法の他にも選択肢はあるのでぜひそちらもチェックしてみてください。

がんステージ4患者の抗がん剤
以外の他の治療法を見る

※このサイトの主人公について

このサイトの主人公は架空の人物です。サイト内のストーリーはさまざまな体験談などをまとめたフィクションになります。

※各クリニックの治療について

治療法を選ぶことは、患者さんとご家族の将来に関わる大切な選択となります。独断で決めてしまうことは避け、必ず専門知識をもつ医師に相談しましょう。

抗がん剤含め、治療法にはそれぞれ副作用やリスクを伴います。抗がん剤の副作用についてはこちら、他の治療法については、メリットデメリットを含めてこちらでご紹介しています。

イメージ

ヒロシ(57)

肺がんステージ4

現在57才。妻と子供2人の4人家族。
突然の肺がんステージ3宣告を受け、抗がん剤治療をメインに闘病したが、骨への転移が確認される。