副作用がつらくて抗がん剤治療はもうやめたい人へ 【ストーリーで読む】ステージ4がん患者でも選べる治療法 » 転移がんにも対応可能な放射線治療クリニックの選び方 » 東京医療センター

東京医療センター

東京医療センター

東京医療センターについて、病院の特徴や放射線治療の概要、院長のプロフィール、口コミ評判などをまとめています。

東京医療センターの特徴

1942年、海軍軍医学校第二付属病院・海軍第一療品廠並びに財団法人東京海仁会病院として設立。3年後の1945年には、厚生省に移管され国立東京第二病院となります。1998年に現在の名称に変更後、翌1999年には高度総合医療施設・高度専門医療施設(感覚器疾患)・基幹医療施設(がん)の機能付与され、2008年に東京都認定がん診療病院に認定されています。2012年には地域がん診療拠点病院に指定されるなど地域の医療発展に貢献しています。

東京医療センターの代表的な放射線治療

悪性腫瘍に対して放射線を利用することで根治または症状緩和の治療を行っています。2013年に導入した新しい放射線治療装置「リニアック」は、赤外線と2方向X線撮影、さらにCTを用いた照射が可能となり、位置精度の高い治療(IGRT)ができるので便利です。

治療のリスク、期間

公式サイトに記載がありませんでした。

東京医療センターの代表的な医師のプロフィール

放射線科医長:萬篤憲

所属学会・資格・役職など

公式サイトに記載がありませんでした。

略歴

公式サイトに記載がありませんでした。

東京医療センターの評判・口コミ

大きな総合病院ということで、ドクターはもちろん、他のスタッフさんや院内の設備にいたるまで、文句のつけようがありません。強いて挙げるとすれば、支払いの時にちょっと待たされることぐらい。大きな病にかかったらこのような病院にお世話になりたいと思います。(10代女性)
(引用元:https://www.qlife.jp/kuchikomi_223_68853)

数年ぶりにこちらの病院へ行ったのですが、システムの便利さに驚きました。看護師さんをはじめスタッフさんもみんな明るくて感じが良かったです。待ち時間はありますが、大体の目安の時間を教えてもらえるので、それまで移動して時間をつぶすこともできます。(30代男性)
(引用元:https://www.qlife.jp/kuchikomi_223_6241)

東京医療センターの基本情報

所在地 東京都目黒区東が丘2-5-1
診療時間 8:30~11:00まで受付
休診日 土曜・日曜・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)
TEL 03-3411-0111

転移がんにも対応可能な
放射線治療クリニックを確認

※治療法について

掲載している治療法は保険適用外の自由診療も含まれます。自由診療は全額自己負担となります。症状・治療法・クリニックにより、費用や治療回数・期間は変動しますので、詳しくは直接クリニックへご相談ください。また、副作用や治療によるリスクなども診療方法によって異なりますので、不安な点については、各クリニックの医師に直接確認・相談してから治療を検討することをおすすめします。

※このサイトの主人公について

このサイトの主人公は架空の人物です。サイト内のストーリーはさまざまな体験談などをまとめたフィクションになります。

※各クリニックの治療について

治療法を選ぶことは、患者さんとご家族の将来に関わる大切な選択となります。独断で決めてしまうことは避け、必ず専門知識をもつ医師に相談しましょう。

抗がん剤含め、治療法にはそれぞれ副作用やリスクを伴います。抗がん剤の副作用についてはこちら、他の治療法については、メリットデメリットを含めてこちらでご紹介しています。

イメージ

ヒロシ(57)

肺がんステージ4

現在57才。妻と子供2人の4人家族。
突然の肺がんステージ3宣告を受け、抗がん剤治療をメインに闘病したが、骨への転移が確認される。