副作用がつらくて抗がん剤治療はもうやめたい人へ 【ストーリーで読む】ステージ4がん患者でも選べる治療法 » 転移がんにも対応可能な放射線治療クリニックの選び方 » JCHO東京新宿メディカルセンター

JCHO東京新宿メディカルセンター

ここでは、JCHO東京新宿メディカルセンターについて詳しく紹介。がんの放射線治療についてや、病院の特徴、口コミ評判などを調べてまとめました。

JCHO東京新宿メディカルセンターの特徴

1952年の開設以来、「東京厚生年金病院」として病気の治療と健康維持に力を注いできたJCHO東京新宿メディカルセンター。平成26年からは「独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)」の病院として、より地域医療に貢献すべく基幹病院としての責務を求められています。

急性期医療から種々の慢性疾患やがんの加療、リハビリ、緩和ケアまで、さまざまな局面での療養に関わっている病院です。

JCHO東京新宿メディカルセンターの代表的な放射線治療

トモセラピー(強度変調照射[IMRT]での放射線治療)

2016年春に「高精度放射線治療センター」がスタート。従来の「ライナック」を用いた放射線治療に加え、新たに「トモセラピー(Tomo‐HAD)」が導入されました。

トモセラピーは、強度変調放射線治療(IMRT)の専用装置で、「よりがんに厳しく、より身体(正常組織)に優しい」放射線治療が行えます。また、一回線量を部位毎に変えることができ、メリハリのついた治療も可能です。頭頸部腫瘍や前立腺がんを得意としています。

治療のリスク、期間

通院による治療が主となり、1回あたりの治療時間は通常5~20分程度。1クール5~10回の照射。治療期間には個人差があります。

照射した部位や個人により差はありますが、治療中や直後などに副作用が生じる場合と、半年から数年後に副作用が生じる場合があります。主な副作用は吐き気、食欲不振、下痢、腹痛、だるさ、脱毛(照射箇所のみ)、皮膚炎、口内炎などです。

JCHO東京新宿メディカルセンターの代表的な医師のプロフィール

放射線治療科 部長:黒崎弘正

専門分野は放射線治療。日本医学放射線学会治療専門医、第1種放射線取扱主任者、日本核医学会PET核医学認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本ハイパーサーミア学会指導医、「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会」修了。

所属学会・資格・役職など

略歴

JCHO東京新宿メディカルセンターの評判・口コミ

JCHO東京新宿メディカルセンターの基本情報

所在地 東京都新宿区津久戸町5‐1
診療時間 8:30~11:30
休診日 土曜・日曜・祝日・年末年始
TEL 03‐3269‐8111

転移がんにも対応可能な
放射線治療クリニックを確認

※このサイトの主人公について

このサイトの主人公は架空の人物です。サイト内のストーリーはさまざまな体験談などをまとめたフィクションになります。

※各クリニックの治療について

治療法を選ぶことは、患者さんとご家族の将来に関わる大切な選択となります。独断で決めてしまうことは避け、必ず専門知識をもつ医師に相談しましょう。

抗がん剤含め、治療法にはそれぞれ副作用やリスクを伴います。抗がん剤の副作用についてはこちら、他の治療法については、メリットデメリットを含めてこちらでご紹介しています。

イメージ

ヒロシ(57)

肺がんステージ4

現在57才。妻と子供2人の4人家族。
突然の肺がんステージ3宣告を受け、抗がん剤治療をメインに闘病したが、骨への転移が確認される。